えん

通貨のお話です


国際市場で他国の通貨との自由な交換が可能な通貨のことをハードカレンシーと呼ぶ。

通貨がハードカレンシーであるための条件として以下の条件があげられている。
国際的に信用があること
発行国が多様な財を産出していること
国際的な銀行における取引が可能なこと
あらゆる場所での換金が可能なこと


現在はUSドル、ユーロ、日本・円、UKポンド、スイス・フラン、カナダ・ドル、スウェーデン・クローナなどがハードカレンシーとされている。

特にUSドル、ユーロを指して世界二大通貨、日本・円またはUKポンドを加えた三通貨を世界三大通貨と呼ぶ場合もある。日本ではUSドル、ユーロ、日本・円の3通貨をあわせてG3通貨と称する。
(ウィキペディアより)



ウォンはK国でしか使えない。
元もC国でしか使えない。
この国のお金は、世界から見れば日本のビール券みたいなものになる。
つまりお金ではなく、金券になる。

そ~考えれば円高というのは、円の価値が高いことになる。
決して悪い意味合いはない。
売るのは損をし、買うのは得をする。
買うときドルで買って、売るとき円で売ればいい。





国際決済通貨





円は世界で通用するお金です




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
総合技術監理部門受験対策書籍
○1巻 総監入門編        ○2巻 業務経歴票編       ○3巻 記述式試験編        ○4巻 択一式試験対策編      好評発売中です     詳細はこちらから←こちらをクリック
総合技術監理部門受験対策書籍
○第5巻 口頭試験編 好評発売中です。 ご購入希望者はメールフォームよりお申込みください。 詳細はこちらから← ←こちらをクリック
リンク
検索フォーム