落合監督

わたしは西暦2000年に結婚した。
当時の婚約指輪の相場は給料の3か月分だった。
そんなCMも流れていた。

友だちも給料の3カ月分の婚約指輪をプレゼントしていた。

わたしは金より愛情だと考え、当時の給料の3分の1の婚約指輪をプレゼントした。
その分愛情はたくさん注いだ。

あれから10年・・・・。
友だちの妻は1カ月で給料の3カ月分の働きをする。
私の妻は1カ月で給料の3分の1の仕事しかしない。

もっと働いてほしいが合理化される。
あの時、給料の3カ月分の婚約指輪をプレゼントしておけば・・・・。
今になって後悔している。

妻いわく「その分あんたが働きや~」らしい。



婚約指輪



3カ月分払いましょう。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

指輪は今でもあるのだろうか?

私は1986年に結婚した。(銀までよく持ったのだ)
小生ははっきりと覚えていないが、結婚指輪の値は給料の1か月分程度だった思う。
京都の友人の宝石屋から買ったが、給料の3カ月分の値打ちは十分あると言っていた。
その当時、嫁は国家資格3つ取得していた。小生は測量士のみで惨めであった。
それが糧となって、小生の資格取得のモチベーションが揚がった。
社会的貢献から言って、どちらがお国のために役に立っているだろうか?
夫婦仲は悪いが、そのことがお互い切磋琢磨していると思う。
その意味で結婚指輪贈呈は意味があったと思う。

Re: 指輪は今でもあるのだろうか?

わたしは心斎橋のあやしい宝石屋さんから買いました。
はっきりいって無茶苦茶怪しかったです。
問屋と質屋を足して2で掛けた感じです。
ちなみに私の結婚指輪は3,000円でした。
あやしい講座の受講料と同じです。


プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
総合技術監理部門受験対策書籍
○1巻 総監入門編        ○2巻 業務経歴票編       ○3巻 記述式試験編        ○4巻 択一式試験対策編      好評発売中です     詳細はこちらから←こちらをクリック
総合技術監理部門受験対策書籍
○第5巻 口頭試験編 好評発売中です。 ご購入希望者はメールフォームよりお申込みください。 詳細はこちらから← ←こちらをクリック
リンク
検索フォーム