今年の記述(その3)

問題を読んだら、格子を考える。
まず、プロジェクトから.........。
今年は、プロジェクトが指定してあったような?
読んでみると




ケース1:低環境負荷自動車(エコカー※)の開発と普及促進
ケース2:国内における高さ500m程度の複合用途の超高層ビルの建設と維持
ケース3:情報通信分野を含む現在の最新科学技術を適用した,大規模博物館の建設と維持

※エコカーとは,電気自動車,プラグインハイブリッド車,又は燃料電池自動車のいずれかを指すものとし,解答に当たっては上記の中から車の種類を選択して解答すること。




なんと、今年はプロジェクトが3つも指定してくれている。
考えなくていい

ここで、また出題者に感謝する

理由は考えなくていいから。
楽チンじゃん

ケースを読むと、自分の専門分野がない?
あたりまえ。
3つしか業務がないからドンピシャはない。
その前にこれは、総監の試験
専門の試験ではない。
もう一度言う

総監の試験!

わたしなら、ケース1を迷わず選ぶ。

なぜ?

総監の5つの管理が考えやすいから。
だいたい、車から恩恵を受けていない人はいないはず。
しかも、交通事故、排気ガス、値段などトレードオフが山ほどある。
ネタに困らない。


エコカーの開発と普及


エコカー減税は9月30日までです。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
総合技術監理部門受験対策書籍
○1巻 総監入門編        ○2巻 業務経歴票編       ○3巻 記述式試験編        ○4巻 択一式試験対策編      好評発売中です     詳細はこちらから←こちらをクリック
総合技術監理部門受験対策書籍
○第5巻 口頭試験編 好評発売中です。 ご購入希望者はメールフォームよりお申込みください。 詳細はこちらから← ←こちらをクリック
リンク
検索フォーム