今年の記述(その2)

なぜ、架空のビックプロジェクトなのか?

なぜ、当該プロジェクトを推進する立場なのか?

を疑問に思って問題1を読んでみる


(1)本論文において,あなたが採り上げるケースを明記し,
それらの開発・建設プロジェクト及びプロジェクトの
成果物である製品や施設(以下総称して「本事業等」という。)
の概要(目的,成果物の機能や普及の姿など)を想定して明示し,
本事業等が社会に与えると考えられる直接的・間接的な効用
(社会的便益)
と併せて答案用紙1枚にまとめよ。



問題1を読んですぐにこの問題の意図がわかった。
この問題の真意は、
社会的便益を設定しろ
と言うこと。

社会的便益とは、企業の社会的責任と同じこと。

プロジェクトが大きくなればなるほど、自分の企業の社会的責任が大きくなる。
これがないと、社会に受け入れてもらえない。
自分勝手な企業になる。
なので、どこの企業のHPでも、CSRについての考えを載せている。
そして、CSRを考えるのが経営者や最高責任者になる。

まとめると、

ビックプロジェクトの全分野において、
最高責任者という立場で、
プロジェクトの「企業(今回はプロジェクト)の社会的責任」を設定しなさい。


と言うことになる。

なので、自分の立場は求められていないが、概要で必ず書くこと。
効用は直接的なものと間接的なものに分けて2つ、できれば3つづつくらい書く。

書く内容は、この地域やこの国が経済的に裕福になることが基本になる。
これに、「社会的責任」とか「社会貢献」などのキーワードが付けば完璧になる。

この1枚が決まると、残りの4枚は芋づる式によくなってくる。


総監の基本の中の基本


青本2ページ、総監が必要とされる背景に書いてます。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
総合技術監理部門受験対策書籍
○1巻 総監入門編        ○2巻 業務経歴票編       ○3巻 記述式試験編        ○4巻 択一式試験対策編      好評発売中です     詳細はこちらから←こちらをクリック
総合技術監理部門受験対策書籍
○第5巻 口頭試験編 好評発売中です。 ご購入希望者はメールフォームよりお申込みください。 詳細はこちらから← ←こちらをクリック
リンク
検索フォーム