総合技術監理が必要とされる背景

読む練習です。

科学技術の発達により人々が享受する恩恵は、日々の生活の中に浸透している。                
しかしその一方で、科学技術の巨大化・総合化・複雑化が進展しており、その発達を
個別の技術開発や技術改善のみによって推進することは難しい状況になりつつある。

この文章の主語は黄色の恩恵推進することは、述語は浸透している難しいになります。
何で恩恵を受けるのか?
科学技術が発達したからです。

簡単に言えば

科学技術が発達しました。
それにより、世の中が便利になります。
それが、いつの間にか当たり前になってきました。

と言うことです。

その次に「しかし」があります。
いいことばかり書きましたが、そうではありません。
と言うのが、「しかし」です。


「しかし」とは


トレードオフを表現する接続詞です。


PS.PMP-CPDポイント7時間になりました。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
総合技術監理部門受験対策書籍
○1巻 総監入門編        ○2巻 業務経歴票編       ○3巻 記述式試験編        ○4巻 択一式試験対策編      好評発売中です     詳細はこちらから←こちらをクリック
総合技術監理部門受験対策書籍
○第5巻 口頭試験編 好評発売中です。 ご購入希望者はメールフォームよりお申込みください。 詳細はこちらから← ←こちらをクリック
リンク
検索フォーム