評価基準

もうすぐ技術士2次試験筆記試験の合格発表です。
ソワソワしている人いると思う。
どっかの掲示版でも合格率はどのくらいでしょうか?
とかいうネタで盛り上がっている。

どうでもいいじゃないか合格率なんて。

大事なのは合格しているかどうかだと思う。
合格率が高いから合格しているのではない。
合格基準をクリアしているから合格しているのだ。

あと一般部門は毎年合格率が一定しているが、総監は合格率が一定していない。
それを疑問に思っている人もいる。
そんなもん評価基準が違うから、合格率が違うのだ。

一般部門は相対評価で合否を判定し、総監は絶対評価で合否を判定している。
近年は総監も相対評価で合否を判定している(と考えられる)。

相対評価だから受験しないと合格しない。
上位15%に入ることが合格基準になる。

あと話は変わるが社名をカタカナ変換して、
アサヒという文字が入る会社は、
ねつ造とかでっち上げとかしかしないのだろうか?

いまワタシの頭の中にはそんな法則が出来つつある。







カタカナ変換





そんな名前のビールが好きだ






↓1日1回押せば合格です
banner鳥居

1日1回クリックお願いします。


↑ワンクリック詐欺とかではありません。
安心して押してください。






↓拍手もよろしく~~~
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
総合技術監理部門受験対策書籍
○1巻 総監入門編        ○2巻 業務経歴票編       ○3巻 記述式試験編        ○4巻 択一式試験対策編      好評発売中です     詳細はこちらから←こちらをクリック
総合技術監理部門受験対策書籍
○第5巻 口頭試験編 好評発売中です。 ご購入希望者はメールフォームよりお申込みください。 詳細はこちらから← ←こちらをクリック
リンク
検索フォーム