東京オリンピック

きのうは技術士総合技術監理部門の試験だった。
5時から試験の打ち上げだった。
そこで総監の問題を見てみた。
平成23年度と同程度のやさしい問題だと思った。
やさしい問題というか、そもそも毎年同じ問題なので簡単も難しいもないと思う。
総監の記述式問題は毎年同じなのだ。

一番大事な事は、試験官がどのように採点しているのかを考えることである。
そのことを試験時間中に考える事ができれば、楽勝な試験だと思う。
ここ2年間は相対評価の試験方式だった。
今年は絶対評価のような気がする。
最低限要求されている事を書けばよいと思う。

総監の背景には科学技術の恩恵について書かれている。
今年に関してはその恩恵が国益のような気もする。
というかそのような側面もある。
オリンピックを開催して経済破綻になったギリシャみたいにならないように、
東京オリンピックは運営されないといけない。

総監の背景は科学技術の恩恵と負の影響になる。
最近の問題は科学技術がほとんど現れない。
長期プロジェクトの運営になる。
科学技術は必要なくなってきている。
経済問題に詳しいほうが有利かもしれない。
桝添知事の立場になって考えないといけない。

そもそもあの人は東京都が主催の大会なのに、
責任を国にばかり押しつけている。
知事としては完全に不適切の人だと思う。





桝添都知事







リコールさせろ!











↓1日1回押せば合格です
banner鳥居



1日1回クリックお願いします。


↑ワンクリック詐欺とかではありません。
安心して押してください。




↓拍手もよろしく~~~
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
総合技術監理部門受験対策書籍
○1巻 総監入門編        ○2巻 業務経歴票編       ○3巻 記述式試験編        ○4巻 択一式試験対策編      好評発売中です     詳細はこちらから←こちらをクリック
総合技術監理部門受験対策書籍
○第5巻 口頭試験編 好評発売中です。 ご購入希望者はメールフォームよりお申込みください。 詳細はこちらから← ←こちらをクリック
リンク
検索フォーム