消費税不要論



お金とはなにか?





色々と考えはあるが、この国では日本銀行券になる。

日本銀行は、日本銀行法を根拠に、
日本銀行券を発行し通貨として流通させている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%8A%80%E8%A1%8C%E5%88%B8

だから財源がなければ、日本銀行が日本銀行券を印刷すれば済む話になる。
それを政府に譲渡すれば財源は確保できる。
別に消費税を上げる必要はない。

税収は国民の支出に税率を掛けたものになる。
支出を増やせば税収は勝手に上がる。
税率上げても支出が減れば税収も減る。
税収を増やしたいならば、国民の支出を増やす必要がある。


消費税を上げるのは、国民の給料を下げるのと同じになる。
国民の支出が減ることになる。
結果的に税収も減ることになる。
国民も貧乏になる。


国債を発行すれば、国民の借金が増えるという人がいる。
国民1人当たり700万円の借金があるという人がいる。
これが増えると日本が経済破綻するという人がいる。
それは違う。
国債は国民の借金ではなく、日本政府の負債になる。

仮に1,000兆円の負債があったとしても何も心配はない。
毎年千円づつ返済していけば、1兆年後には返済できる計算になる。

人間には寿命がある。
だから返済計画が大事になる。
計画通りに行かなければ破たんする。
日本政府には寿命がない。
毎年1円でも返済していれば、いつかは支払いが完了する。

そして国債は100%円建である。
ドルやユーロで支払う必要はない。
円借なので、いざとなれば日本銀行がお金を印刷して支払うことができる。

日本銀行は日本政府の子会社になる。
子会社と親会社のお金の貸し借りはチャラになる。
借金なんて存在しない。


増税賛成派はMになる。
もしくはバカになる。
そんなに増税したいのであれば、お前の給料すべて税金にしろ。
と思う。





増税するな!







というコメントを↓に投函してください
https://www.facebook.com/sourikantei






↓ひと押しお願いします




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
総合技術監理部門受験対策書籍
○1巻 総監入門編        ○2巻 業務経歴票編       ○3巻 記述式試験編        ○4巻 択一式試験対策編      好評発売中です     詳細はこちらから←こちらをクリック
総合技術監理部門受験対策書籍
○第5巻 口頭試験編 好評発売中です。 ご購入希望者はメールフォームよりお申込みください。 詳細はこちらから← ←こちらをクリック
リンク
検索フォーム