免許証について考えること

先月運転免許の更新に行ってきた。

試験場の受付の前に
「お名前をお呼びすることがございます。ご理解とご協力をお願いします。」
という張り紙があった。

名前呼ばれて困る人いるのかよ?

と思ってしまった。


当然そんな人がいるから書いているんだろうなと思う。


あと気になったのが、免許証に本籍の欄がない。

それ以前は欄はあったが空白だった。

理由は出自を知られたくないかららしい。

それっておかしくないか?と思う。

そんなこと言い出したら、名前も住所も書けないと思う。

ましてや顔写真なんか載せられない。

何のための身分証なのか意味が不明になる。

なんか住みにくい国になってきたようなきがする。




と思ったら、以下のサイトに納得がいく答えがあった


http://okwave.jp/qa/q4454108.html

管理上必要な登録項目と、証に記載する必要のある項目とは違います。
かつては、免許証自体にも登録項目を表示する台帳の写しとしての機能が
必要でしたが、警察官が現場でオンライン照会ができるようになった現在では
その必要性は薄れています。

その一方で携帯が義務付けられた免許証による個人情報露出の防犯上の
リスクが高まったことにより、免許証には直接の人定確認作業に必要ない
項目を出さない方向になりつつあるということです。
人定の作業においては住所があれば本籍は不要ですが、
本籍そのものは法的に最も利用価値の高い個人情報ですのでこれを隠すわけです。
しかし本籍情報は法律上からして氏名とともに最終的な本人証明をするための
最重要項目ですので、削除はできない理屈です。




これで安心して飲みに行ける



おわり







↓ひと押しお願いします




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
リンク
検索フォーム