ある掲示板(その4)

前回のつづき



基本的に技術士に合格するということは、
業(ごう)を重ねる(悪行を続ける)ことになる。


この試験は合格したい人よりも、合格する人の方が圧倒的に少ない。
合格率が10%台である。
確率的には10回に1回しか受からない。
よくあきらめなければ、必ず合格するという人がいる。
それは確率的にはウソになる。
「あきらめなければ合格率は高くなる」が正解になる。
合格するかどうかは別問題になる。
一生懸命努力しても、報われないで終わる人の方が多い。


反対に、たいした努力もしないで合格している人もいる。
報われない人からすれば、こんな人たちは妬ましい。
受験指導とかいいながら、受講料取って適当に教えて終わってから飲んで騒ぐ。
それこそさらに業を重ねることになる。
ましてや酒飲みながら教えている人も存在する。
受講生からしたら、俺たちをアテにして酒飲んでいるのではないかと誤解されない。
特に若くて合格した人は要注意だ。
上司が技術士を持っていない人も要注意だ。
誤解されているのではない。
妬み、恨まれているのだ。
そして業が限界値を超えると、その人は破たんする。

これを防ぐには、業を払うか、得(とく)を積むしかない。

ここまでの話は精神論とか宗教論ではない。
地獄と天国の両方を見たことがある人でないと体感できない。
昨晩にある掲示板みたら、同じようなことになっていた。
業とは知らぬ間に重なっていくから厄介だ。
自分では得を積んでいるつもりでも、業が重なる場合がある。


「貧すれば鈍する」ということわざがあるように、
不合格を繰り返しているとモラルが低下する。
少なくてもそのような人は必ず存在する。
だから試験は一発で合格しないといけない。
教える側の人はそのことをよく理解しないといけないと思う。
誰のためにしているのかを、十分理解しないといけない。
筋を通さないと必ず業を重ねる。


教えるという行為は、得を積むことであり、また同時に業を重ねることでもある。
こういう教えは大事だと思う。





業を重ねる





試験に落ち続けるとモラルが低下する



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

わたくしは徳の積み重ねが全く足りません。
業が深いです。

Re: タイトルなし

しーばーどさん
こんにちは
わたしもそんな気がします
プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
リンク
検索フォーム