ある掲示板(その2)

技術士の資質とは何か?

それは技術士法第1条の目的を達成できる技術者であるということになる。
技術士法の目的を達成するために技術士が存在する。
少なくても、技術士法の目的を達成する気がない人は技術士になれない。


これこのブログで何回も言っている。


技術士法の目的とは、科学技術をもちいて国民経済の発展に寄与することになる。
最終的に国民経済の発展に寄与しないといけない。

自分の業務が社会に対してどのような影響を与えるか、常日頃から考えていないといけない。
考えていない人とは、上司や発注者に「これ、やっといて!」といわれると、
期日までに仕事を何も考えずに完璧にする人になる。
仕事はきっちりするが、社会にどのような影響を及ぼすかを考えていない人になる。
言葉は悪いが、お役所仕事的なものになる。
流れ作業的な仕事になる。
何も考えずに仕事をしている人になる。

お役所の人でも、国民経済にどのような影響を与えるか常々考えている人は、
お役所仕事とは言わないと思う。
お役所の人がしている、技術士の仕事になる。


↓ひと押しお願いします。




これは技術士を受験するうえで最初に認識しないといけないことになる。
それを教えない指導的立場の人が多すぎる。
それを知らずに合格する人も多すぎる。
仕事の技術が高ければいいというものではない。
バカになりたければ何をやっても構わない。
でも合格したかったら、自分の言葉で技術士法第1条を語らなければならない。




技術士法第1条





すべてはそこから始まるのだ



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
総合技術監理部門受験対策書籍
○1巻 総監入門編        ○2巻 業務経歴票編       ○3巻 記述式試験編        ○4巻 択一式試験対策編      好評発売中です     詳細はこちらから←こちらをクリック
総合技術監理部門受験対策書籍
○第5巻 口頭試験編 好評発売中です。 ご購入希望者はメールフォームよりお申込みください。 詳細はこちらから← ←こちらをクリック
リンク
検索フォーム