国家緊急権

現在広島県において豪雨による大規模な土砂災害が発生している。
これに対して、対応が遅いとか事前の対策が不十分だとか言われている。
東日本大震災にしても同じことが言われてきた。
復旧や復興も遅いといわれてきた。

対応が早いとか遅いは別として、人命に大きな影響が出ている。
なぜ災害の対応がおろそかなのか?

それは単純に、緊急事態への対応が憲法の条項にないからだと思う。
内容は別として、緊急事態とその後の対応について言及があれば
現況よりも良くなると思う。

たとえば、戦争に対する考え方については9条で明確に示されている。
これは国家間においては戦争が存在することを認めていることになる。
憲法で認めているので、これに賛成する人もいれば反対する人もいる。
そこで議論が生まれる。
9条の内容は別として、戦争の存在を認めているので日本ではいま戦争はないと思う。
もし憲法に戦争についての条項がなければ、戦争という概念が存在しないことになる。
戦争を放棄すると書いてあるのは、戦争について何も書いていないよりいいことになる。


憲法に国家の緊急事態についての条項がないということは、
国家に緊急事態は存在しないという考え方になる。
緊急事態が存在しないので、その後の復旧も復興も存在しない。
すべてが平時における想定範囲内の災害になる。

よく災害や復旧についての対応を人のせいにしている人がいる。
誰かが悪いのではなく、憲法に国家緊急権がないのが問題なのだと思う。
技術士が災害に強い国づくりについて言及してもあまり意味がないと思う。
緊急事態が起きるものと想定して、省庁を再編するべきだと思う。
自然災害は気象と地理で事前に予測できる。
長野県に津波は来ないだろうし、東京23区で土石流は発生しない。
ゼロメートル地帯は昔は海であった。
だから名古屋に台風が来たらすぐに水没するのだと思う。
非常事態はある程度は予測可能だと思う。




国家非常事態宣言




我が家は毎日が、非常事態になる




↓よろしくお願いします


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
リンク
検索フォーム