人口減少問題

「問題文の意図をよく把握しなさい」という人がいる。
確かに問題文の意図を把握するのは大事だと思う。
だが意図を把握したからといって、意図を把握した論文が書けるとは限らない。
そもそも問題文の意図を把握して欲しいのであれば、把握できるような問題文を書くべきだと思う。
把握して欲しいのか、把握して欲しくないのかわからない問題文を書く自体がおかしいと思う。

問題文の意図を把握するよりも、採点基準や採点方法を考える方がいいと思う。
理由は問題文の意図を把握していなくても、問題が解けるからになる。
今年の総監の択一は簡単だったという話を聞いた。
記述式の問題を見てみた。
序文に採点基準が書いてあった。

問題読んだ  ム、ム、ムズイ・・・・・。と思った。

あの問題はイヤらしいと思う。
いちばんイヤらしいのは設問(2)になる。
あの問題は(2)⇒(1)⇒(3)の順に考えなければならない。
序文にはそう書いてあるが、設問は順番が違う。

採点方式を絶対評価から相対評価に変えてきたような気がする。
去年と試されている能力が全く違う。
試験としてどうだかと思う。
そもそも人口減少は、デフレ脱却すれば解決すると思う。
政府が適切な政策を出せば解決する。





財政出動と消費税廃止





移民受け入れはダメです




↓ひと押しお願いします
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
リンク
検索フォーム