問題点と解決策

部下なら上司に、受注者なら発注者に仕事の問題点を説明すると思う。
問題点があるなら、それを解決しなくてはいけない。
解決策を提案しなくてはいけない。
問題点があって、解決策がある。

問題点と解決策はセットみたいなモノになる。

一番バカな解決策は無策になる。
発注者に、条件が違うのですがどうしますか?
という人になる。
解決策がないから無策になる。


次ぎにバカな解決策が感情論になる。
○○しないとダメですよ!
みたいな感じになる。
そしてその方法を実行して失敗する。
お馬鹿になる。


一番賢いのが、A案、B案、C案を提示すること。
前提条件から3案を提示する。
発注者にどれがいいのと言われたら、A案ですと言う。
難しい比較検討をして、何がどう転んでもA案になるように説明する。
相手になるほどと思わせる。

でも実はA案が一番自分に取って儲かる工法になる。
相手を納得させてガッポリ儲ける。
発注者よし、受注者よし、世間よしになる。
三方よしになる。

いま仕事をしていると、ほとんど無策の人が多い。
それで損して文句を言う。
自分で自分の利益を考えられない人が多いと思う。


請負とは請け負けになる。


負けたふりして、奇策を練り、利益を取らないと生き残れないと思う。





  解  決  策





Hするときは避妊策を忘れずに















↓技術士の試験に合格する人の考え方と習慣
http://www.dlmarket.jp/products/detail/270319
いま好評で売れています。ご購入はお早めに。


↓ひと押しお願いします。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
リンク
検索フォーム