責任感が人を育てる

どんな人でもカベにぶち当たる時があると思う。
そん時は「どんだけー」と思うと思う。
カベが高すぎるんだよね。

どうやったら乗り越えられるのか?

そんなこと自分で考えろよと思う。

答えはない。
というよりは、自分で答えを見付けて欲しい。

私の場合は、小学5年生にさかのぼる。
水泳大会で50m自由形の大会に出場することになった。
25mまでは泳げた経験はあった。
それ以上の経験はない。
50mは無理だろうと思った。
50mを足を着かずに泳ぐんだよ。
大変だよ。

ムリでもやらなきゃいけない。
50m泳げないと、
授業料払ってくれた、親に申し訳がない
水泳を教えてくれた、先生に申し訳がない
大会をぶち壊しにする
という理由になる。

その前に自分自身が情けない。

生まれて初めて50m泳げましたよ。
しかも、学年2位です。
何度もあきらめそうになったけど、ここであきらめたら恥だと思いました。
恥ずかしいと思う気持ちはありました。

責任感ですよ。

お世話になった人に迷惑掛けちゃいけないっていう。



責任感が人を育てると思うよ。







↓技術士の試験に合格する人の考え方と習慣
http://www.dlmarket.jp/products/detail/270319
いま好評で売れています。ご購入はお早めに。


↓ひと押しお願いします。







関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
リンク
検索フォーム