FC2ブログ

フォールトトレランスとフェールセーフ

読む前にひと押しお願いします。



☆技術士総合技術監理部門受験対策書籍
 ↓横すば総監講座書籍のお求めはこちらから
第1巻 総監入門編
第2巻 業務経歴票編
第3巻 記述式試験編
第4巻 択一式試験編

第5巻 口頭試験編
第6巻 青本攻略編






高校の遠足でバスの手配を忘れた旅行代理店があったらしい。
それに気が付いて、高校の生徒を装い遠足中止の手紙を書いたらしい。
ホンマかいな?と思った。


失敗をしない人はいない。
失敗が少ない人は、失敗した時の対応が適切だと思う。
その結果失敗が少ないし、失敗しても大失敗にはならない。
大失敗をする人は失敗の対応も悪い。
その結果失敗するし、大失敗につながる。
失敗するかしないかは、失敗後の対応しだいになる。

あと成功するかしないか分からない場合は、試してみるという方法もある。
ただし試せるものとそうでないものがあるので注意が必要になる。


小さな成功をいくら積上げても大きな成功にならない。
大きな成功は大きな失敗と小さな失敗の積み重ねからできている。
成功するためには失敗の積み重ねが必要になる。
失敗を積み重ねると成功になる。
失敗を積み重ねないと馬鹿になる。

失敗にもしてもいい失敗と、してはいけない失敗がある。
2種類ある。


話は変わりますがフォールトトレランスは直訳すると、
過失があっても許容されるという意味になる。
フェールセーフは直訳すると、失敗しても安全という意味になる。
失敗しても動くのがフォールトトレランスで、
失敗すると止まるのがフェールセーフになる。

単純に日本語変換して意味を理解できれば解ける問題になる。
しかも毎年のように出題されている。
総監は簡単になる。






失敗のすすめ







別に勧めているわけではない


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
総合技術監理部門受験対策書籍
○1巻 総監入門編        ○2巻 業務経歴票編       ○3巻 記述式試験編        ○4巻 択一式試験対策編      好評発売中です     詳細はこちらから←こちらをクリック
総合技術監理部門受験対策書籍
○第5巻 口頭試験編 好評発売中です。 ご購入希望者はメールフォームよりお申込みください。 詳細はこちらから← ←こちらをクリック
リンク
検索フォーム