FC2ブログ

疲れた時に歯が浮くのは?

↓読む前にひと押しお願いします。



☆技術士総合技術監理部門受験対策書籍
 ↓横すば総監講座書籍のお求めはこちらから
第1巻 総監入門編
第2巻 業務経歴票編
第3巻 記述式試験編
第4巻 択一式試験編

第5巻 口頭試験編
第6巻 青本攻略編






本日は「予防歯科、ホワイトニングで素敵な笑顔」からの転記です。

http://blog.livedoor.jp/miraikai/archives/705416.html


先日、患者さんで最近お仕事が忙しく生活が不規則で歯が浮いたような感じがするという方がいらっしゃいました。なぜ疲れが溜まると歯が浮いたりするのか?お話したいと思います。

歯の歯肉に隠れた部分は、骨とガッチリくっついているのではなく、歯根膜という薄いクッション状の繊維に包まれています。歯肉側から見ると、歯は歯根膜というハンモックで吊り下げられ、それはセメント質と歯槽骨が支えている状態です。

歯が浮くのは、実はこの歯根膜の毛細血管がうっ血して腫れ炎症を起こしているのです。歯根膜はごく薄い膜で、しかも周囲を骨に囲まれているので腫れると行き場がなくなり、その結果、歯が浮くと感じたときは、ほんの少しですが実際に歯がもち上がっているのです。

原因は、ほとんどの場合、硬いものを食べたり無理な噛み方をしたり、あるいは、疲れなどです。徹夜明けやストレス過剰のとき、全身の血行が悪くなって、首や肩がこるのと同じで歯根膜も血行が悪くなってしまうのです。とくに、歯が弱い人の場合、疲れは「歯が浮く」という症状となって現れます。

急に激しい運動をしたあとや、歯を噛みしめるクセがある人も、歯に強い力がかかって歯根膜が圧迫され、歯が浮くことがあります。お酒の飲み過ぎで起こることもあります。

対策はまず、考えられる原因を取り除くことです。もし睡眠を十分とってもなかなか治らない場合は、枕を低くする、軟らかすぎるベットを硬くする、全身の血行をよくするストレッチ運動を行うといった対策も加えましょう。たいていは短期間でよくなるものです。

ただし、疲れだけが原因ではない場合もあります。普段は自覚症状のない虫歯や歯周病も、疲れや風邪が原因で菌の働きが活発になり、歯ぐきの腫れを引き起こすことがあるのです。注意しましょう。




なぜこのエントリーをするかといえば、わたしがこんな状態だからです







歯が浮くのは?








歯根膜の毛細血管がうっ血して腫れ炎症を起こしているからです



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
総合技術監理部門受験対策書籍
○1巻 総監入門編        ○2巻 業務経歴票編       ○3巻 記述式試験編        ○4巻 択一式試験対策編      好評発売中です     詳細はこちらから←こちらをクリック
総合技術監理部門受験対策書籍
○第5巻 口頭試験編 好評発売中です。 ご購入希望者はメールフォームよりお申込みください。 詳細はこちらから← ←こちらをクリック
リンク
検索フォーム