VIPルームがあるお店

↓読む前にひと押しお願いします。



☆技術士総合技術監理部門受験対策書籍
 横すば総監講座書籍のお求めはこちらから

第1巻 総監入門編
第2巻 業務経歴票編
第3巻 記述式試験編
第4巻 択一式試験編

第5巻 口頭試験編
第6巻 青本攻略編




先日単身赴任先のレオパレスの近くの飲み屋に行った。
住宅街にあり、普通の民家を改良したみたいな作りになる。
1階が居酒屋さんみたいな感じで2階がスナックみたいな外観だった。
ちょっぴりあやしい雰囲気で入るかどうか悩んだ。
知らずに死ぬのもイヤなので、その2階に入ってみた。


入って驚いた。
すごい高級感のあるクラブのような感じだった。
ちょっとこわそうなマスター(経営者)がいて、お姉ちゃんが10人ぐらいいた。
お店の中がかなり広い。
そして立地条件にもよらず、結構お客さんがいた。


その感想をマスターに話したら、色々と面白い情報が聞けた。


まず飲み屋に形態は存在しないこと。
クラブとはこんなモノで、スナックとはこんなモノだというような基準は存在しない。
それを分ける必要もない。


そして飲み屋に全く同じお店は存在しないということ。
チェーン店であっても同じ店は存在しない。
チェーン店で同じ作りや同じメニューであっても、必ず客層が違うということ。
どのような客層になるかはお店を開店させないと分からないということ。
それは条件がすべて違うから。
ただその条件をお店側である程度は決められる。


このお店は20年以上経営しており民家の真ん中にある。
駅からは遠くないが目立つ所にはない(裏通りにある)。
そのため地元に詳しい人しか知らない。
近くには○○製作所がある。
店の中はVIPルームがあり、他のお客さんとブッキングしたくない人にはもってこいになる。
つまり接待で使う人が多いとのこと。
そのためにもったいないがVIPルームがあるらしい。
そしてお姉ちゃんもいざという時のために、少し多く雇っている。
もったいないと思ってはいけない。
その余裕が店の信頼を生むモノだ。
というようなこと言っていた。


そして開店以来20年、店ではトラブルが一切ない客層の高い店だといっていた。
それはマスターの顔がこわいんじゃないのと思ったが....。





      客  層






これが飲み屋の品格を決める



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
総合技術監理部門受験対策書籍
○1巻 総監入門編        ○2巻 業務経歴票編       ○3巻 記述式試験編        ○4巻 択一式試験対策編      好評発売中です     詳細はこちらから←こちらをクリック
総合技術監理部門受験対策書籍
○第5巻 口頭試験編 好評発売中です。 ご購入希望者はメールフォームよりお申込みください。 詳細はこちらから← ←こちらをクリック
リンク
検索フォーム