消費税増税

↓読む前にひと押しお願いします。




知らない人もいると思うが、4月から消費税があがる。
5%から8%にあがる。
4月から給料があがらないと、実質的に給料が下がったことになる。
どれだけ給料があがれば消費税分がチャラになるか考えてみた。


所得がすべて消費に回ると考えると
(所得)×0.03・・・・・・・・①式
この計算式の解以上に給料があがらないと、実質給料が下がったことになる。
所得とは
(所得)=(年収)-(社会保険料)-(所得税)-(住民税)-(控除)
になる。
必要経費も消費になるので、年収から引くことはできない。
貯蓄も未来の消費への備えなので実質①式の計算は合っている。


所得が100万円の人は3万円
所得が300万円の人は9万円
所得が500万円の人は15万円
所得が800万円の人は24万円
給料が増えないと実質的に給料が下がったことになる。


たぶんほとんどの給与所得者が実質給料ダウンの計算になる。
実質的に給料がダウンするということは、消費を減らすしかない。
もしくは差額分を別の手段で稼ぐしかない。






節税対策






たかが3%、されど3%



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
総合技術監理部門受験対策書籍
○1巻 総監入門編        ○2巻 業務経歴票編       ○3巻 記述式試験編        ○4巻 択一式試験対策編      好評発売中です     詳細はこちらから←こちらをクリック
総合技術監理部門受験対策書籍
○第5巻 口頭試験編 好評発売中です。 ご購入希望者はメールフォームよりお申込みください。 詳細はこちらから← ←こちらをクリック
リンク
検索フォーム