トルコが親日国家である理由

きょうは真面目な話です。
ふざけた話題が好きな方は読み飛ばしてください。

d0b85074[1]
トルコのエルドアン首相、安倍晋三首相に抱擁で祝意示す



以下ウィキペディアより抜粋(一部略しています)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%AB%E5%8F%B7%E9%81%AD%E9%9B%A3%E4%BA%8B%E4%BB%B6
読むのが面倒な方は、その下のyoutubeを見てださい

-------
1890年(明治23年)9月16日夜半、オスマン帝国(その一部は現在のトルコ)の軍艦エルトゥールル号が現在の和歌山県串本町沖にある、紀伊大島の樫野埼東方海上で遭難し500名以上の犠牲者を出した事件がある。


樫野埼灯台下に流れ着いた生存者が数十メートルの断崖を這い登って灯台守に遭難を知らせ、灯台守の通報を受けた大島村(現在の串本町樫野)の住民たちは、総出で救助と生存者の介抱に当たった。
この時、台風により出漁できず食料の蓄えもわずかだったにもかかわらず、住民は浴衣などの衣類、卵やサツマイモ、それに非常用のニワトリすら供出するなど献身的に生存者たちの救護に努めた。
この結果、樫野の寺、学校、灯台に収容された69名が救出され生還することができた。


遭難の翌朝、事件は樫野の区長から大島村長の沖周(おき しゅう)に伝えられ、沖は神戸港の外国領事館に援助を求めて生存者を神戸の病院に搬送させるよう手配するとともに、県を通じて日本政府に通報した。
知らせを聞いた明治天皇はこの遭難に大いに心を痛め、政府として可能な限りの援助を行うよう指示した。
各新聞は衝撃的なニュースとして伝え、多くの義捐金・弔慰金が寄せられた。


こうして遭難者に対する支援が政府をあげて行われ、69名の生存者は一旦東京に送られ、遭難事故の20日後の10月5日に東京の品川湾から出航した日本海軍の「比叡」と「金剛」により、翌年の1891年1月2日にオスマン帝国の首都・イスタンブルに送り届けられた。
現地の新聞を通じて大島村民による救助活動や日本政府の尽力が伝えられ、当時のトルコの人々は遠い異国である日本と日本人に対して好印象を抱いたといわれている。
--------




この事件をエルトゥールル号遭難事件といいます。
トルコの小学校の教科書にも載っているそうです。
この事件を知らない日本人は多くいますが、
この事件を知らないトルコ人はいないそうです。
ちなみに安倍首相は日本人ですが、この事件をご存知です。
トルコ人が親日なのはこのような背景があるそうです。


イスタンブルはオリンピック招致で東京に負けましたが、
東京に対してその勝利を称えています。
なかなか出来るものではありません。
わたしなら絶対ひがみます。
東京にとってもイスタンブルにとってもお互いが最強の都市だったのではないか。
イスタンブルにエールを送りたい思います。
ちなみに日韓ワールドカップでは日本は決勝トーナメントでトルコに負けました。
新たなライバルだと思います。





エルトゥールル号遭難事件









あと1週間で123年前の話になります


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
総合技術監理部門受験対策書籍
○1巻 総監入門編        ○2巻 業務経歴票編       ○3巻 記述式試験編        ○4巻 択一式試験対策編      好評発売中です     詳細はこちらから←こちらをクリック
総合技術監理部門受験対策書籍
○第5巻 口頭試験編 好評発売中です。 ご購入希望者はメールフォームよりお申込みください。 詳細はこちらから← ←こちらをクリック
リンク
検索フォーム