反省点を翌年に活かした試験

今日は横すば総監筆記講座でした。
平成20年度の問題です。
この部門に関しては、前年の記述式試験の失敗を踏まえ翌年の問題が作られます。
正直この問題は素直すぎて簡単です。
素直すぎたので翌年の21年度はひねくれた出題になっています。
それが不測の事態とヘンテコな図です。

しかしこの年の問題も失敗作でした。
何でもかんでも「不測の事態」と言い切ってしまえば良いのです。
そもそも不測の事態の定義が曖昧でした。
言い切ってしまえば勝ちだし、経験した業務なので何を書いているかも試験官は分りません。
受験生の経験した業務だと試験官が読みにくいから、翌年の平成22年は仮想事例になりました。
そして「不測の事態」を「変化」にしました。

しかしこの年も失敗でした。
変化すれば何でも良いからです。
変化したと言い切ってしまえば良いのです。
そのプロセスなんかどうでも良いのです。
そして翌年の平成23年は変化のプロセスをシナリオとして出題しました。
しかも外部環境と直接被害がないという条件です。
内部だと判断されれば不合格、直接被害があったら不合格です。


しかしまたまたこの年も失敗です。
論文が複雑になり、外部と内部の判断、直接と間接の判断をするのに試験官が苦労しました。
私も受講生の論文を読んでボーダーラインの判断に迷いました。
この年の問題は採点が難しい試験でした。
そして翌年の平成24年は要求事項を内容を限定せずに、要求事項の数を増やしました。
数が増えただけなので、全部書けば合格です。
非常に簡単な試験でした。
そのため択一を少し難しくしました。

しかしこの年も失敗です。
要求事項の数を増やしただけなのに、数が多すぎてパニクった受験生がたくさんでました。
しかも択一も難しい。
合格率が7%になりました。

総監の筆記試験は毎年同じ問題です。
同じだとバレたら合格率の上昇に歯止めがかかりません。
そのため毎年同じだとバレない工夫をします。
そして毎年その工夫が裏目に出ます。
今年はどんな問題が出るのか楽しみですね。
1万4千円で楽しんで下さい。
終わったら一杯やりましょう。






毎年同じ問題





バレない工夫を施しています






↓押して下さい
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

失敗問題でも

幸運だったので受かりました。
指導者に恵まれるという幸運です。

受講生に恵まれないと嘆いていた指導者が
いらっしゃったという噂を聞きましたが。

10万円の修理費をケチって2万円のモバイルモニターを
購入しました。
復活しました(笑)

Re: 失敗問題でも

試験は受けてみないと分らないもんだと悟りました。
その反省を活かし本年度の講座に活かしています。
結局は神頼みですね。

10万円で修理するなら買った方が良いですからね。
ちょっと不便かもしれませんが


プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
総合技術監理部門受験対策書籍
○1巻 総監入門編        ○2巻 業務経歴票編       ○3巻 記述式試験編        ○4巻 択一式試験対策編      好評発売中です     詳細はこちらから←こちらをクリック
総合技術監理部門受験対策書籍
○第5巻 口頭試験編 好評発売中です。 ご購入希望者はメールフォームよりお申込みください。 詳細はこちらから← ←こちらをクリック
リンク
検索フォーム