前提条件の生じる可能性のある重要な変化

今日の講座の課題は2010年の記述問題です。
事業等の前提となる主要な条件について生じる可能性のある重要な変化
がポイントです。

前提です
生じる可能性があります
変化です


これをどのように伝えるかがポイントです。
ただ単に書けばいいものでもありません。

生じる可能性がなくてはダメです。
変化しないとダメです。
変化とは増えたり減ったり
大きくなったり小さくなったり
良くなったり悪くなったり
右に行ったり左に行ったり
になります。


変化があるから前提条件が変わります。
変わる前に対応するのです。
だから前提条件が大事になります。


また生じる可能性が大きいモノを考えます。
可能性がないもの、小さいモノは考えません。
理由はきりが無いからです。
また前提条件が変化した場合の、影響の大きいモノをあげます。
影響がないもの、少ないものは何も対応をする必要がありません。
影響がないのですから。


問われるモノは毎年同じです。
事前に準備しておけばいいだけの話です。





変化





総監の記述式試験は変化しません









↓押す
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

かっこいい・・・

まったくぶれてませんね。

ぶれっぱなしで苦しんでますが、開き直ります。

Re: かっこいい・・・

同じ事を毎年言うのも飽きてきました(´。`)・・
プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
総合技術監理部門受験対策書籍
○1巻 総監入門編        ○2巻 業務経歴票編       ○3巻 記述式試験編        ○4巻 択一式試験対策編      好評発売中です     詳細はこちらから←こちらをクリック
総合技術監理部門受験対策書籍
○第5巻 口頭試験編 好評発売中です。 ご購入希望者はメールフォームよりお申込みください。 詳細はこちらから← ←こちらをクリック
リンク
検索フォーム