解答の意味を考えてみる

技術士の試験問題は、必ず「○○について解答せよ」と書かれています。
解答とは、問題を解いて答えることです。
問題を解くことになります。
解を答える事になります。
辞書を引けば載っています。


正しい解が正解、間違った解が不正解になります。


当たり前の話です。


業務経歴の詳細も同じだと思います。
技術士にふさわしい解か否か。
解を答えるのです。
文章力ではありません。
正解を書くのです。
自分の思いや考えを書くのではありません。
解を書きます。
正しい解を書きます。
それが求められています。

正しい解とは技術士法第1条です。

これを満たしていればいいだけです。






簡単です






難しく考えた人の負けです











↓押して下さい
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

技術士法

おはようございます。
名言に涙してました!

フォローアップ時に技術士法1,2条を知っているか、全員に確認しましたが、一人もまともに意識していた人はいませんでした。

口頭時のことだと考えてる人が多いです。

Re: 技術士法

教える側の人間の責任ですね。
フォントを騒ぐ前にもっと大事なことがあります。
技術士会に問い合わせる前に教える事があります。

総監は青本2~3ページ
一般部門は技術士法第1条です。

基本を忘れると、
酒飲んで、騒いで、最後はイビキかいて寝る総監講座になります。

プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
総合技術監理部門受験対策書籍
○1巻 総監入門編        ○2巻 業務経歴票編       ○3巻 記述式試験編        ○4巻 択一式試験対策編      好評発売中です     詳細はこちらから←こちらをクリック
総合技術監理部門受験対策書籍
○第5巻 口頭試験編 好評発売中です。 ご購入希望者はメールフォームよりお申込みください。 詳細はこちらから← ←こちらをクリック
リンク
検索フォーム