分母を考えてみる

先日横浜そごうの本屋さんに行った。
愛人と行った。
技術士コーナーへ行った。

あの有名なAPECさんの書籍が売っていた。



独学・過去問で効率的に突破する! 「技術士試験」勉強法 (DO BOOKS)独学・過去問で効率的に突破する! 「技術士試験」勉強法 (DO BOOKS)
(2013/04/05)
鳥居 直也

商品詳細を見る




所狭しと並んでいた。
すげ~と思った。
儲かっているんだろうな~
と思った。


疑問に思ったので計算してみた。
定価1,680円
税抜き価格1,600円
印税は価格の10%と仮定する。
1冊当りの印税は160円

百冊売って1万6千円
千冊売って16万円
一万冊売って160万円
になる。

ちなみに去年の技術士2次試験の申込者数は32,843人になる。
申込み者全員が買うと525万4千8百8十円になる。
分母が分らないのでもうけが分らない。
あとは想像するしかない。

中身を見たが、お~と言うモノを発見した。
それは言えない。




書籍の出版






実は私にも依頼が来ている











↓これ押して下さい
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
総合技術監理部門受験対策書籍
○1巻 総監入門編        ○2巻 業務経歴票編       ○3巻 記述式試験編        ○4巻 択一式試験対策編      好評発売中です     詳細はこちらから←こちらをクリック
総合技術監理部門受験対策書籍
○第5巻 口頭試験編 好評発売中です。 ご購入希望者はメールフォームよりお申込みください。 詳細はこちらから← ←こちらをクリック
リンク
検索フォーム