9月最終日

きのう本屋さん行ったら、すでに来年のカレンダー売っていた。
1年は早い。
今日で9月が終わり、明日から10月になる。
10月上旬にイベントが2つある。
10月下旬に合格発表がある。
あと30日になる。


私は試験受けていないが、いや~な気分になる。
考えても、悩んでもしょうがないのは分かっている。
が悩んでしまう。


人間はたいていの場合、欲望と理性は相反する方向を向いている。
理性ばかり追い求めると疲れる。
欲望だけで生きると犯罪者になる。
人間は常に欲望と理性の葛藤を持っている。
その両方を埋めることを商売にすると儲かる。
例えば風俗店とかがそれになる。
私の講座や書籍もそれに近いものがある。



しかし、それが悪意を持ってやると詐欺になる。
オレ!オレ!詐欺がなくならないのも、そのあたりが原因になる。
あたり前で単純な話だが、世の中そんなに甘くない。
あまい言葉にだまされる。
あやしい言葉に洗脳される。





あやしい話






普通は欲望に負けてしまう

技術士の役割

来年の4月に消費税が5%から8%に増税される予定です。
あくまで予定です。
最終的に安倍首相が10月に判断します。
まだ来年消費税が増税するとは決まっていません。
増税が決定したらすべてモノの税率があがるのか?


そうでもないそうです。


その理由により、財務省の申請が許可されたものは税率が軽減されるそうです。
これを軽減税率といいます。
その対象が新聞(マスコミ)です。


財務省が新聞を通じて、消費税増税をしないと日本が破たんすると国民を洗脳します。
洗脳された国民は、増税を受け入れます。
増税も仕方がないとあきらめます。
そして増税を実施します。


増税したいのは財務省です。
増税すると財務省は、新聞社にその見返りとして軽減税率を適用します。
そのため新聞社は消費税が上がっても売り上げは落ちません。
新聞社はその見返りに、定年退職した財務省OBを高給で自社に天下りさせます。
財務省は自分の豊かな老後の生活を確保するために消費税を増税します。



逆に財務省の意向に背いた新聞社は翌年には厳しい税務調査が実施されます。
有無を言わせず追徴課税を課します。


新聞やテレビがあたかも増税を推進しているのはこのためです。
国民の所得が減っているこの時期に増税すると税収が減ります。
税収とは、国民の所得に税率を掛けたものです。
国民の所得が増えている時に、税率をあげれば税収は増えます。
国民の所得が減っている時に、税率をあげれば税収は減ります。
またデフレに逆戻りです。
得をするのは一部の財務省OBと新聞社です。
多くの日本国民の給料は下がる一方です。


国民の所得が増えると税収も勝手に増えます。
税率をあげる必要がありません。
財政出動と金融緩和で給料も税収もあがります。
国民全員が幸せになります。
増税に反対しましょう。
どうしても増税したいのならば、新聞社だけ増税させればいいのです。


話は変わりますが、免税業者で売り上げが1,000万円以下の場合は、
消費税は免税されるそうです。
税理士が言っていました。
そのため私は皆様から消費税を頂いていません。
来年もお値段据え置きです。
家計にやさしい技術士受験書籍になります。





消費税増税反対






あやしく安倍さんにささやきましょう

アセットマネジメント

今日は維持管理の講習会に行ってきた。
維持管理って何するのか?
なんとそれが法律にかいてあるらしい。
法律だけだと図とか絵がないからよくわからない。
だからマニュアルがあるらしい。
それを周知し正しく活用するために講習会があるらしい。
その講習会は国に準ずる機関が実施している。

すばらしい。

それに比べ技術士会はなっていない。
青本売るだけ売って講習会とかやらない。
そんで、みんなが間違って理解する。
去年なんか合格率が7%とかになる。
合格した人は、あやしい人だ。
おもしろい資格だと思う。

話は変わるが、今日は私の誕生日になる。
家族全員忘れていた。
45歳になる。
もう45歳なので、あやしいことはやめることにした。






   卒   業




それができれば苦労しない











君は今でも五十音を正しく言えるか

小学校に行って最初に覚えることは、あいうえおになる。
今でも言えるかな~

あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと


さ行とた行が逆のような気がする。
気のせいだと思う。

はにふへも
なにぬねみ
まみむめも


順調だと思う。

やまいれろ
らりるれろ
わきのした


なんかちょっと変だとおもう。

ぱぱらつち
えろびでお
よこすばだ
ておあげろ
あれだすぞ


オレひとりで何言ってんだろう???
疲れたのでもう寝るよ。







ごじゅうおん






なかなかダダしく言えない

あきらめの境地

明日は明日の風が吹く







どうなることやら~





終わり↓

いま増税するとどうなるか

サラリーマンの平均年収の推移を調べてみた。




サラリーマン年収推移

出典:年収ラボ



なんと平成9年の467万円をピークに平成23年では409万円まで落ちている。
なんと14年で58万円も減っている。
減っていると言うよりも、減り続けている。
年平均4万円も年収が減っている。

さらに年収減ると、お金が使えないし将来が不安だから余計にお金を使わない。
誰かの支出は、必ず他の誰かの収入になる。
私が飲み屋でお酒飲んでお金を払うと、飲み屋さんの収入になる。
私が本屋でエロい本買うと、本屋さんの収入になる。
その一部が壇蜜さんの印税になる。
私がお金を使わないと、他の誰かの収入も減る。
他の誰かの収入が減ると、その人も支出を減らす。
その人が支出を減らすと、他の誰かの収入も減る。
これを永遠に繰り返す。

ここで消費税を増税すると、さらにみんな支出を減らす。
しかも支出の減らし方が以前よりも大きくなる。
この時期に増税したらだめでしょう。
少なくてもサラリーマンの平均年収が平成9年と同等になるまではダメでしょう。

普通政治家は政治生命をかけて増税を阻止するのが仕事になる。
政治生命かけて増税する政治家がどこにいるのですか?
逆でしょう。

税率を上げても税収は増えない。
税収は国民の所得に税率をかけたものになる。
国民の所得を増やさないと税収は増えない。
所得が減っているのに税率上げても税収は増えない。


このことを分かっていない技術士が多い。
ひょっとしたら技術士だから分かっていないのではないか。
増税賛成の方は、増税が先送りされても増加分を払って下さい。
それが日本のためだというのなら、自分のポリシーを押し通してほしい。

受け取る側は多くもらって文句言わないでしょう。




 増 税 反 対








声を大にして叫びましょう

今日の出来事

きのうは東京恵比寿のうどん屋さんでヱビスビール飲んだ。
今日は横浜のキリンビバレッジでキリンビール飲んだ。
その後でイタリア料理を食べた。
エゾシカを使った料理だった。
ランチで5,000円だった。
ヨシキと言ったら、店員の足が震えていた。
高いと言ったら、安くなった。
何でだろう?


先週の3連休は台風で散々だった。
また台風来てますね。
26日に関東に接近するみたいだ。
特異日になる。
http://yokohamasoukan.blog106.fc2.com/blog-entry-1187.html
何でだろう?


世の中は見えない力によって支配されている気がする。
なんで飲みに行ったかと言えば、沖縄から友達が飲みに来たからである。
飲みにだけ東京に来るなんてやっぱり変わった人だと思った。
弟子が択一8問しか正解出来ず撃沈らしい。



3連休




明日から仕事です

改憲よりも廃止のほうが簡単らしい

日本の憲法を変えようと思ったら、国会議員の3分の2以上の賛成で発議し、
国民の投票の過半数の賛成を必要とするらしい。
これが憲法の96条に書いてある。

憲法改正は憲法の96条にあるが、憲法廃止は憲法のどこの条文にも書かれていない。
だから日本の憲法を廃止しようと思えば、内閣総理大臣の一言で廃止にできるらしい。
もしくは国会で半数以上の賛成で廃止できる。
少なくても憲法廃止の定義はどこにもないので、今からでもどうにでもできる。

憲法は改正するより廃止して、新しい憲法を公布するほうが簡単だ。

以上のことはある本に書いてあった。。
それがいいか悪いか別にして、すごい考え方だと思った。
なるほどと思った。

自分と異業種でその道の達人的な人の話は非常に勉強になる。
また違った視点が身につく。





憲法廃止論







視点を変えてみよう


地震と夢

昨日は夜中に福島のほうで地震があったそうですね。
携帯の緊急地震速報が鳴った形跡がありました。
寝ていて、地震にも携帯が鳴ったのも気が付きませんでした。

昨日の夜は1日中草刈りをしている夢を見た。
汗だくになって、虫に刺されて、泥まみれになって草むしりをする。
日平均気温30度。
朝の6時から夜の12時まで働く。
ご飯は1日ファミリーマートのおにぎり2個だった。
給料は日給で10円だった。


朝起きたら無茶苦茶疲れていた。
何のために寝たか分からない。
この時期、こんな夢をよく見る。
夜中に幽体離脱でもしているのかもしれない。


たまには滝クリに膝枕してもらっている夢でもみたい。





      夢




英語ではドリームといいます









自分の失敗を語ろう

わたしは技術士総合技術監理部門(以下、総監)の受験指導をしています。
総監の知識を教えているのかと言えば、ちょっと違います。
まず教える事は、試験に役立つ事ではなく人生に役立つ事です。

反対の話、ユダヤの法則、帰納法と演繹法、神頼み、年収200倍の法則、守離破
などです。

このようなあやしい法則はきのう今日出来た話ではありません。
人生45年を積み上げた結果です。
私の人生は現在45年ですが、これらの法則は数千年の歴史があります。
(ほんまかいな?)
その積み上げがあったからこそ今があるのです。
今の自分は過去の自分の総決算です。

自分を語るとは、自分の過去の失敗を語ることです。
大きな成功は、大きな失敗からしか生まれません。
小さな成功はいくら積み上げても、大きな成功になりません。
秋田県の小中学生の学習能力が高いのに、東大の合格率が低いのはこれが原因です。


失敗や成功の経験は、実際に体験しなくてもいいのです。
すでに体験した人からもらえばいいのです。
それを踏まえて自分が成長し成功すればいいのです。


なんでこんな事しているのかといえば、責任感です。
人生に役立つ法則を駆使して、未来の困難に立ち向かいます。

ちなみに私は努力と苦労は大嫌いです。
好きなのはお姉ちゃんとお酒です。

生きているうちに、自分の失敗を語りましょう。
前向きな反省をしまよう。
成功ばかりしていたら、反省の仕方がわかりません。





欲しいモノ







人間プライド捨てたら意外と有益なモノが沢山入ってきます



プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
リンク
検索フォーム