明日から12月

あるゼネコン3社に見積もりを依頼した。

「喜んで見積もりさせていただきます」
と言った所長さんがいた。

見積もり見たらすごかった。
施工検討書まで作ってある。
よくここまで短期間で検討したな~と思った。
しかも金額もすごく妥当である。
そのための根拠もバッチリある。
すばらしい!



一方すげ~いやな顔して帰った所長がいた
いやなら断るか、むちゃくちゃ高い金額を入れればいい話。
なのにむちゃくちゃ安い金額入れてきた。
絶対できない金額!
しかも絶対にできないような工法。

「この金額でできるの?」
と言ったら
「当社ではできると判断しました」
と言った。



ある意味で口頭試験



技術力よりも常識を疑う人もいます








私をフォーラム8に連れって行って

最近、トイレにブ○ーレット置くだけに似たものをおいている。
あくまでニセモノ
置くだけでいいので簡単。
バカなわたしでもできる。

置くだけなのに、たまに倒れている。
手洗い水の水圧に負けて倒れている。
特にのあとは倒れている。

たぶん倒れても効果は変わらない。
でも、置くだけなのだから....
立っていてほしい。


置くだけの消臭剤


倒れないでくれ~



あしたは火曜日

むかし、京都議定書みたいなものがあった。
5%か10%か忘れたが、削減しないとやばっかったらしい。
来年その約束の年だが、だれも騒がない。
約束を達成できるのか、できないのか?
だれも興味がない。


タイの洪水
最近なにも言わない。
1週間前まではバンコクがやばくなる手前だった。
だれも騒がない
どうなってるんだろう?
その前にあの首相はバカだ!


民主党の公約
政権とるときはかっこよく言っていた。
あの公約はまったくうそだらけ。
だれも騒がない。
なんでやねん。


イタリア国家が破綻するらしい。
でも長友はイタリアから高い給料をもらっている。
サッカー選手に払う金はあるが、借金を払う金はない。
おれにも金くれ!



矛盾だらけ



疑問に思わない人は淘汰される





今年もあと一ヶ月

去年の今頃は何を考えていたかを振り返ってみた。
そう考えると概ね今年の目標はクリアーできた。
ひとつだけクリアーできないものがあったが、優先順位は低い。
来年に回そう。

来年のビジョンだが、まだ具体的なものは見えていない。
新しいことをするのと、今までのことに磨きを掛ける。
その2種類になる。
目標を立てるのが人生ではないが、目標がない人生はつまらない。


来年の目標


今から考えましょう






新しい女

妖怪人間 ベム、ベラ、ベロ!!
闇に隠れて立小便・・・。
俺達妖怪人間なんだ??


ちょっと変?



トイレでしましょう

企業の社会的責任

どこかの球団の元GMさんは色々やっている。
見ていると単に疲れるだけで、まったく生産性がないような気がする。

泳がされていることに気がついていない。
自分で泳いでいると思っている。
泳がすほうも泳がしやすい人を選任すればいいのに?

別にいいですけど、そんな球団に1年間浪人してまで入団しようとする人もいるし?
そんな球団にクライマックスシリーズ出場権を奪われたチームもいるし?


信じられない


それが現実だ

金持ち喧嘩せず

めんどくさい人ってたまにいる。
個人的には付き合いたくない。

理由は、厄介でこっちにメリットがまったくないから。
メリットがないから付き合いをやめたい。

付き合いをやめると決めた。
決めたと言うより切れてしまったから。
よく手を出さなかったと思う。

合法的に葬る手もあるが、そんなことしてもメリットがない。
適当にあしらってもあきらめない。
問題はめんどくさい人は、付き合いをやめるのもめんどくさい。
どうすればいいか????


あほな振りする


それで行こう


そうだ本屋に行こう

最近「30台で学んでおきたい、○○○」とか
「50代で困らないための、40代の・・・・。」
とか見たいな本が多い。
読んだらくだらない。

今日、本屋で黒の背景に金色の文字で

人生の9割は40代で決まる

という本があった。

手にしてすぐに買ってしまった。
著者は和田秀樹先生であった。
さすがに和田先生は、ネーミングがうまい。
ただ内容はこれといったものはない。
というより日々自分が実践し、常々考えていることが書いているだけ。
自分の人生が正しい方向に向いていることが再認識できた。


読書の秋


論理的に本を読みましょう




やること

明日はお休み。
休む
休む
絶対休む


仕事はしない
家族サービスもしない
ゴルフもしない
お酒もしない
女もしない
Hもしない


口頭試験対策




がんばれ~







危ない話

あさテレビを見てたら、事業仕分けの番組をやっていた。
原子力交付金の使い道についての仕分けであった。
交付金の使い方は各自治体に任されているらしい。
そこで仕分け人が
「交付金は住民の安全確保のために使うべきだ!」
といっていた。

「????????。」

そもそも原子力は安全であって、地域住民の理解を得るために交付金を払っているのではないか?
安全確保に使うのであれば、原子力発電所は作らなければいいこと。
安全確保の財源は、その事業主が負うのが必然である。

なんで交付金もらって、安全確保にその金使うのか?



れんほー



私の講座以上にあやしい~







プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウントダウン
カウントダウンタイマー
リンク
検索フォーム