虎の巻

日曜日、総監の筆記試験の論文が送られてきた。
「添削してください」とあった
「いいですよ」と返した。
今日返却した。

総監の論文の、いいとこ悪いところはすぐに分かる
しかし、どのように教えていいのか分からない???

総監受験ガイダンスを読んで見た。

基本はここにある。

受験生だけでなく、指導する人にも役に立つ本である。
本当に、すばらしいテキストである。
値段も安く、事例も多い。
しかも、芸が細かく、万人向け

著者はすごいまじめで受験生思いのかたであろう。
人間的にも立派であると感じられる。
その高い技術力が肌で感じる。
本当に人間的にすばらしい方だと察する。

「.....。????」
「ほんまかいな!!!」


PMP(☆虎)



著書と著者にギャップがあります。


PS. 師匠すいません。ブログのネタがないのでご了承ください。









焼きカマ

まぐろの中落ちが食べたい
だめもとでAPECさんに電話した。
そうしたら、東京に来るとのこと??
待ち合わせの場所に行った。
いた!!!
影武者か???

まぐろのカマの浜焼きを食べることになった。

まぐろのカマ

うまそう
しかも、でかい

店員のねえちゃん「オモテを10分、ウラを10分、ヨコを10分焼いてから
         お召し上がりください。」

店のテレビでは、サザエさんが始まった。
サザエさんが終わるまで、待てということか.......。

でかすぎて、他にはハマグリ4個しかアミにのらない。

はまぐりも20分ぐらいかかるらしい。
男4人、サザエさんを魚にして、まぐろとハマグリの焼き上がりをじっと待つ。
品質はいいが納期が掛かる。


トレードオフ


おいしいものには、つき物です。


建設部門編の真実

難関突破~技術士(建設部門)編~のブログは何のために書いているのか。
それは、自分の中にある暗黙知を形式知に変えるためです。

なぜ形式知に変えるのか?

自分の中に、どれだけのノウハウがあるかを知るため。
そして、それをいつでも使える状態にするためです。

あるものを読んでみた。
そのとき気が付いた。

ノウハウはあまり重要でないことを。
重要なのは、ノウハウをつくるための技術を身に付けること。
これがあれば、その状況に応じたノウハウが簡単に作れる。
なので、建設部門編はあまり意味がない。

いろいろ考えたらお腹が減ってきた


中落ち食べたい


仙台で

情報管理(その6)

情報管理とは、青本92ページの1行目から17行目までに書いてます。
総監の筆記記述問題で高得点を取るにはどうしたらいいか?
それは、この17行を正しく理解し、業務の中でそれを反映しいると書くだけです。

よく勘違いしているのは、
「おれはこんなすごいことをやったんだ!」
と書いてる人です。

総監技術士に一番求められている能力は、青本92ページ13行目に書いてます。

平常時および緊急時における情報の収集・分析・蓄積・伝達を的確に行うための体制を構築するための技術

になります。

体制を構築することに重点を置くことです。
・万が一の事故に備え、緊急時連絡表を作成し安全掲示板に掲示する。
・事務所玄関に、救急病院までの地図・連絡先・住所を書いた緊急時管理表を2枚以上設置する。
・緊急時における情報伝達を確実に行うため、そのための模擬訓練を毎月最終金曜日に実施する。
これらの体制を構築することにより、緊急時の適切で迅速な意思決定が可能となる。

こんな感じで書くだけです。

当たり前のことでOKです。
解決策は、質よりも量で攻めるべきです。
質は点数化しにくいですが、量は点数化できます。
すごいことを1つ書くより
当たり前だが的確なことを4つ書くほうが絶対有利です。
そして、そのネタは前もって用意しておきます。
自分の業務なので、忘れにくいはずです。


意思決定するための体制を構築する

これで、いちころです。


情報管理(その5)

総監において情報管理とは、青本P92ページの1行目から11行目までです。
あくまで、総監の情報管理です。
では、総監技術士は何をすればいいのか?

簡単です。

その下に書いてます。



このような状況を踏まえると、
総合技術監理を行う技術者に要求される情報管理技術は、
平常時及び緊急時における情報の収集・分析・蓄積・伝達を
的確に行うための体制を構築するための技術、
知的財産などの情報そのものを管理するための基礎知識、
そして近年重要性が増しているネットワーク技術と情報セキュリティに
関する理解能力である。
情報・通信分野は技術進歩が早い。
そのため常に最新の技術動向に注意を向ける姿勢が重要である。


つまり、
①平常時及び緊急時における情報の収集・分析・蓄積・伝達を
 的確に行うための体制を構築するための技術
②知的財産などの情報そのものを管理するための基礎知識
③ネットワーク技術と情報セキュリティに関する理解能力

②と③は択一でその能力を問われます。
論文では①のネタを用意します。

平常時と緊急時の情報管理
そして、それを怠るとどうなるか?
それを理解します。
最終的には意思決定

青本を正しく理解する

ただそれだけです。


論理的思考

料理をつくる。
材料は、じゃがいも、にんじん、たまねぎ、水、カレーのルー
爆弾娘は、らっきょ、牛乳、蜂蜜がいるらしい。
調理器具は何でもある
メニューは、チキンカレー

あなたは、作ってから材料が足りないことに気が付くだろう。
わたしとAPECさんは作る前に、状況を的確に判断し、鶏肉がないことに気が付いた。

メニューが決まっていれば、足りない材料を探すだけ。

材料からメニューまでをシュミュレーションする。
論理的思考とは順序立てて未来を予測すること。
わたしもあなたの師匠もその能力がある。
だから、APECさんの考えも予測できる。


鶏肉のないチキンカレー


あ~!ごはん炊くの忘れた。




情報管理(その3)

青本92ページ
上から4行目の後ろ方

また、緊急時の情報伝達は特に大規模な組織や大型なプロジェクトには重要であり、
危機管理の視点からその情報連絡体制や広報活動の体制を整備する必要がある。


重要であると書いてます。
なので重要です。
重要だと書いているのに、ろくすっぽ読まない人がいます。
そのくせ、「総監の情報管理って難しいね」と言う人がいます。
もう一度言います。
重要です。

なにが?
この文章の主語です。
主語ってなに?
緊急時の情報伝達です。

条件が付いてます。
特に大規模な組織や大型なプロジェクトにはと

なぜ条件が付くのか?

被害規模が大きいからです。

では、小規模な組織や小型のプロジェクトにはいらないのか?

いります。

では、なぜ大規模と大型なのか?

簡単です。
総監技術士でなければ対応できないからです。


   重   要


試験にこれを書けと言うことです。



情報管理(その2)

青本の92ページ
上から7行目です。


最近では情報管理を行うための有効な手段として、
コンピュータを利用した情報システムが多くの組織で導入されている。

コンピュータを利用した情報管理には、
情報伝達の正確性・迅速性といった利点がある反面、
システム障害やコンピュータウィルスの問題など、
情報セキュリティに関する負の影響が組織全体に短時間で広がる可能性を持っている。


「可能性を持ている」とはトレードオフが発生することを示唆する単語です。
その可能性は「情報セキュリティに関する負の影響」になります。

いまの時代、コンピュータを使わないで情報管理を行うことはほとんど不可能です。
なので、総監技術士は情報管理のトレードオフはなにかを明確に理解する必要があります。

・情報の漏洩
・サーバーのダウン
・ファイルのバックアップ
などになります。
口頭試験で聞かれるかもしれません。


セコムしてますか?


我が家には大金はないので、トレードオフは発生しません。

情報管理(その1)

青本の92ページです。
一番上の文章です。

 企業などの組織では、
知的財産を含む情報を経営資源の1つとして戦力的に活用して、
組織活動を行わなければならない。

 特に経営におけるスピードが重視されるようになった昨今では、
適切な意思決定が行えるようにするために、
必要な情報がタイムリーに収集・処理され、
意思決定者に届けられる仕組みを作っておく必要がある。



「〇〇のために」とは目的を表す単語です。
「ために」があればそれが目的になります。

ここでは、それが意思決定になります。
情報管理の目的は意思決定です。
裏を返せば、意思決定がない情報の収集・分析・蓄積・伝達は情報管理ではありません。

もっと正確に言うと、総監が求めている情報管理ではありません。


意思決定のための情報管理

総監合格者でも知っている人は少数です

内緒のはなし

建設部門編のブログを更新しました。
自分で言うのもなんですが
役に立ちます。

このような投函はだいたい拍手は少ないです。

ダジャレがさえたときが拍手が多い?

自分の生き様と視聴率が、合わない?


だから、世の中おもしろい



建設部門編は見ないでください
プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウントダウン
カウントダウンタイマー
リンク
検索フォーム