モノの数

技術士総合技術監理部門の受験対策書籍
を販売しております。
詳しくはこちら↓から。
http://yokohamakennsetu.blog133.fc2.com/blog-entry-569.html



手荷物とは手回りの荷物という意味らしい。
個人的には手で持つ荷物だと考えている。
手で持つ荷物だから、基本的にふたつ以上は持てないことになる。
モチロンその重さも自分が持てる以上の重さは持てない。
手荷物とは持てる数と重量が決まっていると思う。

これは荷物に限らず、時間、付合う人の数、悩み事や考えこと、趣味、仕事などにも当てはまると思う。
特に環境が変わればやるべきことが変わる。
増える場合もあれば減る場合もある。
増える場合は何かを捨てて、適正な手荷物の数にしないとパンクする。
減った場合は何か新たなことに取り組む。
そうしないと認知症になる。

あとお金は必要だが金欲が強いと破綻する。
お金は手段であり目的ではない。
コレを勘違いすると破綻する。
お金持ちでも貧乏でもどちらでもいいと思う。
お金に振り回されない人生を送るべきだと思う。
そのためには身の丈に応じた生活を身につける必要がある。

これはお金だけではなく時間、付合う人の数、悩み事や考えこと、趣味、仕事などにも当てはまると思う。
結局は手荷物の考え方と同じになる。






手荷物







持てる数が決まっている




当面このブログは夜間のみの公開になります。
夜8時から翌朝8時までの公開になります。
時間はあくまでも予定です。
日によって変わることもあります。
もちらん公開しない夜もあります。
ご了承ください。

それでもこのブログを読みたい方は
2525
とパスワードを打ち込んでください。

もう一つのブログもそれで開きます。
忙しいので更新は今後少なくなります。
もう一つのブログも同じパスワードです。





↓1日1回押せば合格です
banner鳥居









1日1回クリックお願いします。


↑ワンクリック詐欺とかではありません。
安心して押してください。




↓拍手もよろしく~~~

話は技術

1日1回クリックお願いします。


↑ワンクリック詐欺とかではありません。
安心して押してください。

技術士総合技術監理部門の受験対策書籍を販売しております。
詳しくはこちら↓から。
http://yokohamakennsetu.blog133.fc2.com/blog-entry-569.html



先日ある講習会に参加した。
講師の人が色々とテキストの流れに沿って説明していた。
講師が数人いて、持ち回り説明していた。
同じことを話しているのに講師により説得力がまったく違う。
説得力のない人の話はつまらない。
強い口調でしゃべっているだけになる。
それで説得力を出しているつもりなんだろか。

説得力のある講師の人は、話を聞いていて楽しい。
聞いている人をその気にさせる。
オレもやればできると思わせる。

説得力は技術になる。
根拠を示す。
実例を出す。
結果を示す。
なぜそう~なったか見解を述べる。
だからこれを実践しろという。
ある意味、オ○ム真理教の手口と同じになる。

ただしオ○ム真理教の場合は、根拠、実例、結果はすべてねつ造になる。
STAP細胞も同じになる。
だから1次ソースをよく確認する必要がある。
これがめんどくさい。





説得力






ある意味、洗脳と同じになる








受験の動機

ありがとうございます。
おかげさまでランキング1位継続中です。
更なる応援お願いします





今から8年前に14年間勤めた会社を辞めた。
理由は会社に愛想が尽きたから。
家族もいるので辞めるのは勇気がいった。
その時から、「これからは自分自身が商品だ」と考える様になった。
派遣で行った会社で、技術士なるモノの存在を知った。

技術士を取得すれば、自分の商品価値は格段と上がることを悟った。
それがワタシの、技術士の受験の動機である。


それでなんか、文句あるか~~~~


受験の動機なんか、そもそも自分で決めるモノだ。
他人に相談するモノではない。
他人に決めてもらうモノではない。
ましてや、「受験の動機とは○○でないといけない」
なんて言うバカは暴挙もいいところだ。

そもそも受験の動機なんかは他人にとやかく言われる筋合いはない。
自分自身の考え方なので、犯罪でもしない限りなんでもいいはずだ。

じゃあ~なぜ聞かれるのか?


そこが大事なところなんだ。



それが採点基準なんだよ。



なんで受験の動機を聞かれるか?


それを自分で考えろ。











合格の反対は不合格ではない

日本技術士会のHP見てたらすごいモノ発見した。



平成24年度 技術士第一次試験合格発表(追加合格)
平成26年10月31日に当会ホームページに掲載しました「平成24年度技術士第一次試験における正答ミスについて」のとおり、平成24年度技術士第一次試験の追加合格者1名を以下の通り公表します。(平成26年11月11日)
下記添付資料〔平成24年度技術士第一次試験追加合格者〕をご参照下さい。
http://www.engineer.or.jp/c_topics/003/003527.html




2年前の技術士1次試験で正答を②とすべきところを④としてしまった。
その結果本来合格しているはずの人が不合格になった。
だからその人を追加で合格させた。

ほとんど、えん罪じゃん\(◎o◎)/!


この人は今どうしているんだろうと思う。
24年度不合格だったので、25年度の試験は受験していることになる。
25年度合格していればいいが、不合格で今年も1次試験受験していたとしたら、
かなり腹がたつだろうな~
本来なら2次試験を2回受験できるのだから。
24年度の応用理学部門の1次試験合格率は70.3%になる。
25年度の合格率は38.7%になる。
今年も1次試験受験している可能性は高いと思う。

いっその事、知らなかった方が幸せだったんじゃないだろうか?

問題を疑問に思ったら、やはり試験機関に問い合わせしたほうがいい。

ちなみにこの人は応用理学部門で受験番号は17A00007になる。
うれしいのか悲しいのかたぶん微妙な気分なんだろうと思う。

あと正答が変わったので、当然本来は不合格だった人が、合格してた可能性もある。







17A00007さん、
合格おめでとう\(^o^)/






横浜すばるはアナタの合格を心より祝福いたします








ひと押しお願いします




成功の秘訣

人間として生きるのであれば、感性を豊かにすることが大事だと思う。
きれいな花だな~
いいに香りだな~
これおいしいな~
そして人を信じること
疑ってはダメ
信じることが大事になる


しかし技術屋もしくは経営者として生きるのであれば疑うことが大事になる。
疑うとは逆説を唱えること

放射能は危険→実害はない→危険ではないのではないか
日本は消費税が安い→所得税は高い→全体としては欧米と変わらないのではないか
総監は技術屋の最高峰→バカでも合格している人がいる→簡単かもしれない

何事もまず疑う
次に調べる
調べるとは観察すること
何も考えないで客観的に見る
次にその人の立場で考える
仮説を立てる
実験する
これを繰り返す


ほとんどの人は観察をしていない。
そして調べない。
そして疑わないで仮説を立てる
そして失敗を繰り返す
失敗のPDCAサイクルを繰り返す

結局何をやってもうまくいく人は、うまくいくスパイラルを完成している。
習慣にしている。
そのため何をやってもうまくいく


繰り返す


成功のスパイラルを作り上げる









プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウントダウン
カウントダウンタイマー
カウントダウン
カウントダウンタイマー
総合技術監理部門受験対策書籍
○1巻 総監入門編        ○2巻 業務経歴票編       ○3巻 記述式試験編        ○4巻 択一式試験対策編      好評発売中です     詳細はこちらから←こちらをクリック
総合技術監理部門受験対策書籍
○第5巻 口頭試験編 好評発売中です。 ご購入希望者はメールフォームよりお申込みください。 詳細はこちらから← ←こちらをクリック
リンク
検索フォーム