FC2ブログ

阿波踊り利権

きのうから徳島では阿波踊りが始まっている。
阿波踊りのフィナーレの総踊りが中止になる。
色々ともめているようだ。
調べてみると、どうも徳島新聞が諸悪の根源らしい。

週刊現代の記事によると、阿波踊りの利権を全部食い尽くしている。
その結果赤字が4億円に膨らんだらしい。
そして週刊現代が徳島新聞に取材に行くとコメントが取れなかったらしい。
取材内容を否定していないということになる。
つまり泥棒だ。
さすがわマスゴミになる。







新聞社は泥棒だったり嘘つきだったり、反社会勢力になる。
徳島県民は不買い運動すべきだと思う。


話は変わるが、きょうは眼科に行った。
眼帯がとれた。
美容院に行ってシャンプーをしてもらった。
非常に快適になる。
どこにも遊びに行けないのが辛い。








泥棒新聞








新聞社は反社会勢力になる





受験対策書籍についてはこちらから↓
http://yokohamakennsetu.blog133.fc2.com/blog-entry-738.html

口頭試験対策書籍についてはこちらから↓
http://yokohamakennsetu.blog133.fc2.com/blog-entry-763.html

青本攻略編(音声ファイル)はこちらから↓
http://yokohamakennsetu.blog133.fc2.com/blog-entry-446.html


↓1日1回押せば合格します
banner鳥居

財務省は国民の敵

きのう国税庁から郵便物が来た。
開けてみると消費税の軽減税率制度に関するパンフレットの送付と書いてあった。
平成31年10月の消費税引き上げと同時に、
「酒類・外食を除く飲食料品」及び「週2回以上発行される新聞」と対象として
消費税の軽減税率制度が実施されます。
と書いてあった。

国税庁もこんなムダなパンフを配布していることに腹が立つ。
こんなパンフ自体が税金のムダ使いだ。
消費税を増税しても景気は良くならない。
GDPの6割は個人消費なのだ。
消費税を増税すると個人消費も減って行く。
その結果GDPも減って行く。
即刻消費税は廃止してもらいた。

そんなに消費税をあげたいのならば、新聞を増税すべきだ。
なんで新聞に軽減税率が適用されるのはおかしい。
新聞だけ300%ぐらいの消費税を掛けてやればいいのだ。
そんなに消費税が好きなら、財務省のお役人だけ消費税払わせればいいのだ。
おまえらがまず率先して消費税を沢山払え。
貧乏人にも金持ちにも一律に課税される消費税は不平等な悪税金なのだ。
新聞と財務省は国民の敵なのだ。


そのためにも自民党総裁選で安倍さんの3選してもらわないと困る。
政権のために働かず、常に政権批判をしてる石破茂は当然落選してもらいたい。
あいつは自民党より、立憲民主党の総裁のほうが似合っていると思う。

話は変るが昨日は手術後の経過観察をしてもらった。
術後の視力は良くなった。
高性能の一眼レフカメラで撮影したかのようによく見える。
被写体が輝いて見えるのだ。
苦しい手術を乗り越えただけの成果があった。








消費税反対







財務省を解体しろ









受験対策書籍についてはこちらから↓
http://yokohamakennsetu.blog133.fc2.com/blog-entry-738.html

口頭試験対策書籍についてはこちらから↓
http://yokohamakennsetu.blog133.fc2.com/blog-entry-763.html

青本攻略編(音声ファイル)はこちらから↓
http://yokohamakennsetu.blog133.fc2.com/blog-entry-446.html


↓1日1回押せば合格します
banner鳥居

マレーシア

マレーシアが来月から消費税を廃止する。
経済を再生するには消費税を廃止するのが一番いい。
6%の消費税を廃止する。
日本は8%の消費税を10%に増税する予定である。
日本も見習って消費税を廃止すべきだ。

そのぶん税収が減ったというのであれば、
財務省の給料から引けばいいのだ。
いま財務省がガタガタしている。
財務省を解体すればいいのだ。
財務省はクイズ小西以上に日本の敵だ。
20年以上もデフレを進めてきた。
全て財務省が悪いのだ。





財務省解体






憲法改正より重要な課題だ








受験対策書籍についてはこちらから↓
http://yokohamakennsetu.blog133.fc2.com/blog-entry-738.html


口頭試験対策書籍についてはこちらから↓
http://yokohamakennsetu.blog133.fc2.com/blog-entry-712.html

青本攻略編(音声ファイル)はこちらから↓
http://yokohamakennsetu.blog133.fc2.com/blog-entry-446.html


↓1日1回押せば合格します
banner鳥居

受注調整

大手ゼネコン4社を筆頭にリニア新幹線の受注調整があったと騒いでいる。
なにを騒いでいるのだ。
あんなビックプロジェクトだ。
計画的に事を進める必要がある。
施工会社の規模や施工能力にあわせて工区などを割り振りするのは当たり前のことだ。
それをしなければ確実にプロジェクトは破綻する。

全延長のうちわずか1mでも工期に間に合わなければリニア新幹線は走れない。
もっと極端にいえば1cmでも施工不良があれば、リニア新幹線が走れない。
不当なダンピング受注でもあれば、品質を確保できない。

談合=悪だと言われている。
本当にそうなのか?
東北自動車道に談合坂という坂があるが、あれは悪者の坂なのか。
そんな危ない坂なのか。

所定の工期に間に合わせるため
所定の品質を確保するため
適正な価格の維持のためにも談合は必要だ。

ゼネコン同士の話し合いがダメならば、発注者が調整すべきだ。
談合が悪いのではない。
独占禁止法が悪いのだ。
だいたい施工業者は予定価格以上の金額で工事を受注できない。
どこの会社が受注しても工事費は大して変わらん。
どんだけ粗利を残すだけなになる。

今の豊洲の不必要な補修工事をみてほしい。
都知事がデタラメなことするから、不調不落が続いている。
何回入札しても落札者が決まらない。
しょうがないから業者の言い値で工事を発注することになる。

こんなことしていたら、時間も金もいくらあっても足らない。
談合をなくせばそのような事態になるのだ。
談合が悪いのではない。
独占禁止法が悪いのだ。
この国は本当に先進国なのかどうか疑ってしまう。

ワタシは建設部門施工計画、施工設備および積算の技術士だ。
その技術士さまが言っているので間違いないのだ。
なんのために技術士を保有していると思ってんだ。






独占禁止法







そんな法律廃止しろ








受験対策書籍についてはこちらから↓
http://yokohamakennsetu.blog133.fc2.com/blog-entry-659.html

口頭試験対策書籍についてはこちらから↓
http://yokohamakennsetu.blog133.fc2.com/blog-entry-712.html

青本攻略編(音声ファイル)はこちらから↓
http://yokohamakennsetu.blog133.fc2.com/blog-entry-446.html


↓1日1回押せば合格します
banner鳥居

希望ゼロ

昨日はいつもの飲み屋で飲んでいた。
カウンターの人に「もうすぐ選挙だね」といった。
すると誰に投票していいのか分らないといっていた。
確かに選挙でだれを選ぶのかは難しい。

基本的に議員になって欲しい人を選ぶのではない。
議員になって欲しくない人を落とすのだ。
政権を取って欲しい政党を選ぶのではない。
政権を取って欲しくない政党を落とすのだ。

しかし、北朝鮮がミサイル撃ってきているのに
モリカケが~とか騒いでいる奴の気がしれない。
モリカケはいいリトマス試験紙になるかもしれない。






政党名









気をつけよう、希望の党は民進党







受験対策書籍についてはこちらから↓
http://yokohamakennsetu.blog133.fc2.com/blog-entry-659.html

口頭試験対策書籍についてはこちらから↓
http://yokohamakennsetu.blog133.fc2.com/blog-entry-712.html

青本攻略編(音声ファイル)はこちらから↓
http://yokohamakennsetu.blog133.fc2.com/blog-entry-446.html


↓1日1回押せば合格します
banner鳥居
プロフィール

横浜すばる。

Author:横浜すばる。
技術士(建設部門)(総合技術監理部門)

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウントダウン
カウントダウンタイマー
総合技術監理部門受験対策書籍
○1巻 総監入門編        ○2巻 業務経歴票編       ○3巻 記述式試験編        ○4巻 択一式試験対策編      好評発売中です     詳細はこちらから←こちらをクリック
総合技術監理部門受験対策書籍
○第5巻 口頭試験編 好評発売中です。 ご購入希望者はメールフォームよりお申込みください。 詳細はこちらから← ←こちらをクリック
リンク
検索フォーム